従業員の「心のケア」…何でも電話相談

働く人の4人に1人は心の病を抱える時代と、言われております。

しかし、従業員に対して「カウンセリングルーム」を設ける等、何か御社では対策をされておりますでしょうか?


中小企業では、ほとんどこの問題について対策がなされていないのが現状です。しかし、近年、「心の病」も労災認定がなされてきており、目に見えにくいこの分野でも、何かあったら使用者責任が厳しく問われます。仮に、うつによる自殺などが起こった場合、億単位の賠償問題にまで発展することにもなります。

 

 

中小企業でこの分野を自社だけで対応するには限界があります。そこで是非、お薦めしたいのが、「何でも電話相談」です。

 

 

pict_002.jpg


会社の人には相談できない、ご家族やご友人には相談しにくい、そんな時にも電話をすると、専門のカウンセラーがお悩み解決のお手伝いをいたします。

借金、子育て、教育、介護など、何でも相談できます。カウンセリングも受けられます。


詳しいことに関しては、下記フォームからお気軽にご質問下さい。

会社名

(例:山田商事株式会社)
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

「社外カウンセリングルーム」のご案内


当パートナーコンサルタンツでは、経営者の理念を反映した「就業規則」の制定、明快な「職場のルールブック」や、無理のない「人事・賃金制度」の制定は、経営者の方々の支援になると同時に、社員の方々に対する、「働きやすい・やりがいのある職場」の提供につながると考えております。

「就業規則」「職場のルールブック」「人事・賃金制度」で社員の方々の働く枠組みを明確にした上で、社員一人一人の「心」の保護・成長までを視野に入れた「社員に手厚い経営」こそ、「永続する企業」の必要条件とも言えるのではないでしょうか。


昨今、「メンタルヘルス」という言葉を、よく耳になさると思いますが、この「メンタルヘルス(心の健康)」は、職場においては、1次ケア、2次ケア、3次ケアの3つから成り立っております。

  •  1次ケア・・・予防のための措置・対策
  •  2次ケア・・・発症者の早期発見・早期対処
  •  3次ケア・・・休職者の職場復帰対策・援助
いずれも大切なケアではありますが、企業側の負荷(時間的・労力的・金銭的)の大きさを考えると、3次ケアが最も重く、次いで2次、1次となります。
もちろん、この順位は、メンタルヘルス不全に陥った、当人から考えても同じものです。3次ケアは、かなり厳しい道になることは想像に難くありません。

社員の方々が、深刻なダメージを受ける前(1次ケア)に、または深刻なダメージが、よりマイナスポイントへと陥る前(2次ケア)に社員の方々、お一人お一人がご自身の「心」のメンテナンスをする場をご提供したいと、パートナーコンサルタンツは考えました。
それが、「社外カウンセリングルームです。

「社外カウンセリングルーム」システムの概要

 
1.基本的に、企業様とのご契約の形を取らせていただきます。

  ※個人のご相談につきましても、できうる限りお力にはなり

   たいと思っておりますので一度ご連絡下さい。
 

2.月額報酬制とさせていただきます。

  • 3セッション/月を上限といたします。
  • 月に3セッションを超えた場合は、別途料金を頂きます。

※詳しくはパートナーコンサルタンツまでお電話やFAX、メール(wakuwaku@p-consultants.jp)でお問い合わせください。


担当カウンセラーの保有資格
  • 産業カウンセラー
  • 認定心理士(日本心理学会)
  • 心理相談員(THP)
  • MBTI認定ユーザー
現在、内山喜久雄先生(筑波大学名誉教授)のもとで、認知行動療法の修行中です。因みに担当者は女性です。