今すぐお金が必要な時の2つの正しい行動

誰もが「今すぐお金が必要!」という状態になったことはあるでしょう。

 

この時にお金を持っているのなら、そのお金を利用すればいいですが、お金がないという時にはどうにかお金を作る必要があります。

 

このお金を作る方法ですが、お金を作る方法自体はいろいろありますが、「今すぐ」という緊急性を持っているわけなので、今すぐにお金を作らないといけません。

 

となると、方法として『物を売る』か『お金を借りる』ということになります。

 

よく日払いのバイトをするとか、ポイントサイトで稼ぐ、キャバクラで働くみたいなことを書いているサイトもありますが、それは「今すぐ」って言う状態が抜けていますよね。

 

日払いのバイトをしても給料がもらえるのは仕事が終わった後ですし、今から日払いのアルバイトを探すって言うのもちょっと無茶があります。キャバクラで働くというのも同じくですね。

 

あとポイントサイトで稼ぐにしても、ポイントサイトで稼いで入金されるのは、翌々月とかになってしまいます。今すぐお金が必要なのに、翌々月では全然間に合わないですね。

 

ということから考えても、やはり今すぐお金が必要という人は『物を売る』か『お金を借りる』ということになります。

 

物を売る

まず物を売る事によってお金を作る方法ですが、不用品などを買取してくれるリサイクルセンター等に売ってお金を作るというようになります。

 

ブランド買取

 

不用品を売るにしても、「メルカリ」や「宅配買取」などもあるのですが、これはどちらも現金を手に入れるまでに時間がかかります。

 

メルカリだと売上金額の振り込み機関から振込日までに1週間程度はありますので、今日すぐに出品して売れたとしても、現金が口座に振り込まれるまでに1週間以上はかかります。

 

宅配買取にしても同じです。段ボールなど送れるものがない場合は、段ボールなどを業者に送ってもらって、それで商品を入れて送り返します。

 

その後に査定が2〜3日はかかることが一般的なので、トータルでやはり1週間程度は振込までに時間がかかると思っておいたほうが良いでしょう。

 

ですので、物を売ることによって今すぐお金を作る場合は、リサイクルショップやなんぼややザ・ゴールドのような店舗のある買い取り専門店に自ら持ち込む必要があります。

 

自ら持ち込むことによって今日中にお金を手に入れることはできるでしょう。物にもよりますが査定してもらって実際に現金を渡してもらうまでに1時間はかかるかなという感じです。

 

不用品と言ってもなるべくブランド品を売るようにしないと、そんなにお金にはならないです。漫画などの本をブックオフなどに売っても数千円がいいところでしょうしね。

 

ブランドの中でも誰もが知っていて欲しがっている「ヴィトン」のようなブランドのほうが高く売れる傾向にあります。 ブランド物の腕時計でもロレックスがメーカーとしては一番買取価格が高いでしょう。

 

ですので、ブランド品などで売ってもいいものがあるという場合は、ブランド品を売りに買取店舗に急ぎましょう!

 

お金を借りる

売っても良いようなブランド品を持っていない場合もありますし、不用品と言っても全く値段の付かないような本物の不用品しかないということもあります。

 

このような場合も多いと思いますので、今すぐお金が必要な場合は「お金を借りる」ということが1番現実的だといえるでしょう。

 

ネットでお金を借りる

 

お金を借りるとなると、まず家族や親せきなどの身内から借りれるのならば借りるといいでしょう。

 

友人の場合は、金の切れ目が縁の切れ目となり、もしかすると借りれるかもしれないけど、それ以降音信不通になってしまったり、「お金を貸して」といった時点で音信不通になってしまうという可能性もあります。

 

やはりこうならない為にも友人からお金を借りるということはやめておいたほうが良いでしょう。

 

まだ、家族や親せきなどの身内の場合は、今後そんなにおかしい関係にならない可能性が高いですので。もちろんちゃんと返済しないといけないですけどね。

 

で、家族や親せきにも借りることができないということであれば「消費者金融」が最適です。消費者金融はお金を貸すのが仕事ですし、知り合いというわけではないので関係性を気にする必要もありません。

 

金融機関からお金を借りるのならば、消費者金融でなくても銀行カードローンとかでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、銀行カードローンの場合は今すぐお金を借りるというのが不可能なのです。

 

銀行の場合審査に時間がかかりますし、ローンカードを郵送するなどしないといけませんので、申し込みしてから利用するまでに2週間程度は見ておかないといけません。

 

中には1か月以上かかる銀行カードローンもあります。

 

でも、消費者金融ならば申し込みしたその日のうちに融資してもらえるので、今すぐお金が必要な場合でも大丈夫ということになります。

 

消費者金融の場合、かなり審査がスムーズに進めば申し込みしてから1時間程度で振込してもらうことも可能となっています。

 

ただ、審査が必ずスムーズにいくとは限りませんし、急いでいる場合はなるべく早く申し込みしておくといいでしょう!

 

以下に今すぐお金が必要な方におすすめの消費者金融を紹介しておきますね。

 

おすすめの消費者金融

プロミス
プロミス

今すぐお金が必要な場合にまずおすすめしたいのはプロミスです。プロミスは最短1時間融資も可能となっていますからね。
また、プロミスは瞬フリというすぐに振込してくれるサービスがあり、この瞬フリができる金融機関が多いのですごく便利です。
瞬フリは金融機関により多少時間が違いますが、24時間365日振込してもらうことが可能です。

 

アコム
アコム

アコムは3項目の入力で借入可能かすぐに診断できる「3秒診断」というのがあるので、自分が借りれるかどうかがすぐに分かるのでいいですよ。
土日や祝日でも自動契約機でカードを受け取ることができるので、そのカードを使ってすぐに借り入れすることができます。

 

レイクALSA
レイクALSA

レイクALSAもスピーディな対応をしてくれて、申し込みから借入まで最短60分での融資が可能です。あくまで最短です。
21時までに契約手続きが完了すれば、当日中に振込可能です。日曜日は18時までに完了しておく必要があります。

 

※当サイト申し込みの多い順にランキングしています。

 

消費者金融からお金を借りるまでの流れ

上記の消費者金融は即日融資が可能となっていますので、今すぐお金が必要な場合もお金を作ることができます。

 

この即日融資の流れですが、結構単純でまずはネット申し込みして審査を受けて契約に進みます。無事契約することができれば、振り込みキャッシングを利用して自分の銀行口座に振込してもらうという流れになります。

 

基本的に14時までに契約が完了していれば、どの銀行でも振込してもらうことが可能ですが、14時を過ぎてしまった場合や土曜日・日曜日・祝日の場合は、その消費者金融によって振込できる金融機関とできない金融機関があります。

 

プロミスは土日祝日や夜間でも振込可能な金融機関が多いですので、利便性には優れています。

 

ただ、審査を24時間してくれているというわけではないので、なるべく早く申し込みしておかなければいけません。

 

審査がスムーズに行く場合でも、21時ぐらいまでには申し込みが完了しておかないと難しいでしょう。

 

21時を過ぎてしまうとほとんどの場合、お金を手に入れることができるのは翌日ということになるでしょう。

 

あと、土日や祝日や夜になってしまった場合で、金融機関の口座を持っていないとかということだと、各消費者金融の自動契約機にカードを取りに行けば、すぐにカードを発行してもらえるので、そのカードを使ってキャッシングしてお金を手に入れることができます。

 

こういった流れで消費者金融からお金を借りることができるようになります。

 

消費者金融でお金を借りるメリット・デメリット

メリット

消費者金融でお金を借りるメリットとして、先ほども紹介したように即日融資が受けられるということです。

 

当サイトに来ているということは急いでお金が必要な人が多いでしょうから、そういった方も即日融資が受けれるのは助かりますよね。

 

審査がスムーズに言った場合の最短だとだいたい1時間ぐらいで現金を手に入れることが出来ます。

 

お金を借りたことがない方だと、こんなに簡単にお金を借りることが出来ることに驚くでしょう。

 

あと、メリットとして消費者金融には無利息サービスがあるところがあります。

 

無利息サービスというのは、その消費者金融を利用するのが初めての方などを対象として、一定期間無利息で借りることが出来るというものです。

 

多いのが30日間無利息というのが多いですね。

 

今すぐお金が必要な場合でも、数日後の給料日になれば完済できるという場合などは、利息を1円も支払うことなくお金を借りれる可能性があります。

 

無利息期間内に完済してしまえば利息は必要ありませんからね。

 

こちらも大きなメリットになるでしょう。

 

デメリット

デメリットとして金利が銀行カードローンと比べるとちょっと高めということもあります。

 

銀行によって違いますが銀行カードローンの場合、上限金利で15%前後ぐらいに設定しているところが多いです。

 

消費者金融の上限金利は18%ぐらいに設定されているところが多いです。

 

あまり高額な融資枠を得られなかった場合は、上限金利に近い金利が設定されるので、金利差で3%ほど変わってきます。

 

融資額が少なければ、正直そんなに気になるほどの金利差ではないですが、融資額が大きくなればちょっと返済総額が結構変わってきます。

 

融資額が少額ならば気にならないというのはどういうことかというと、例えば、

「10万円を借りて銀行の14.5%と消費者金融の18.0%で借りる」

とします。

 

すると、毎月の返済額は以下になります。

銀行カードローン:4,824円
消費者金融:4,992円

となって、その差は月々だと168円で、総額の差は4,032円ということになります。

 

正直そんなに違いがないですよね。もちろん違いはありますし、ちょっとでも少ないほうが良いのはいいですが、思ってたほどの銀行カードローンの低金利というのは感じられないでしょう。

 

この金利が銀行カードローンよりもちょっと高いということが、消費者金融のデメリットになりますね。

 

ブラックの人は無審査のところを探しても闇金だけ

今すぐお金が必要という人に絶対に気を付けてもらいたいのが、闇金は絶対に利用してはいけないということです。

 

闇金はちゃんと登録を受けた正規の金融業者ではなく、違法な金利を取っている違法な悪徳業者です。

 

今すぐという人はとりあえず急いで現金が必要なわけなので、「すぐ借りれる」「誰でも借りれる」「審査なし」「ブラックでも借りれる」といった甘い言葉についつい誘惑されがちです。

 

確かに、闇金は割と簡単にお金を貸してくれます。少額な金額ですけどね。

 

でも、あまりに高金利なためどんどん借金が膨らんでいってしまい、いつかは返済できなくなってしまうのは間違いないでしょう。

 

ブラックの人はそもそも一般の消費者金融の審査には通らないので、無審査のところを探していきつく先が闇金ということが多いです。

 

あと、ニート等の無職の人も仕事をしていないので定期収入がなく、一般の消費者金融の審査にはまず通りません。

 

ブラックやニートの方はお金を借りるという選択肢は諦めて、何かもをのうったり日払いのアルバイトなどでお金を作るようにしましょう。

 

いくら急いでいるからと言っても、絶対に闇金は利用しないようにしてくださ。ネットが普及したおかげで、より闇金との距離も近くなってきているので注意が必要ですよ。

 

あと、個人間融資も絶対に利用しないでください。個人間融資は掲示板やツイッターで、お金を貸してくれということをお願いしたり、お金を貸しますという書き込みに連絡したりということから、個人間でお金の貸し借りをするというものです。

 

ほとんどが闇金であったり詐欺ですので、こういったものは絶対に利用しないようにしましょう。

 

特に若い女性の場合は「ひととき融資」と呼ばれる個人間融資で、性的関係を見かけりにお金の貸し借りをするということも増えてきています。

 

なので、怪しいものには絶対に手を出さないようにして下さいね。※参照:金融庁 SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!

クレジットカードの現金化は利用しない!

今すぐお金が必要な方がいろいろサイトを見ていると、「クレジットカードの現金化」をおすすめしているサイトもあります。

 

でも、闇金と同じでクレジットカードの現金化も絶対に利用しないほうが良いです。

 

クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠で業者に言われたものなどを購入して、その購入したものを現金で買い取ってもらうというものです。

 

これって現金化のやり方によっては法律違反になりますし、クレジットカード会社では明確に規約違反なとなっています。

 

法律違反と言いましたが、クレジットカード現金化にはいくつかの方法があって「商品買取方式」と「自分でする現金化」に関しては違法となります。

 

「キャッシュバック方式」に関しては法律違反とは言えないのですが、そもそもクレジットカード現金化自体を利用しないほうが良いです。

 

先ほどクレジットカード会社の規約違反といいましたが、クレジットカード会社では明確に現金化は違反となっているので、バレた場合はクレジットカードの利用が停止されます。

 

そもそも怪しい業者もかなりいる業界ですからね。利用したけど換金率があまりにもひどかったとかもよくある話です。

 

ですので、クレジットカードの現金化も利用しないようにして下さいね。