借金する方法と借金以外の方法を選択!

多くの方が「今すぐお金が必要!」という経験をしたことがあるでしょう。

 

この時にお金を持っているのならば、そのお金を利用すればいいですが、お金がないという時にはどうにかお金を作る必要があります。

 

このお金を作る方法ですが、お金を作る方法自体は色々あるのですが大きく分けて以下の2つの方法があります。

  1. 借金する方法
  2. 借金以外の方法

 

この2つの方法があるのですが「今すぐ」という緊急性という事を考えると、「借金する」というのが一番適していると言えるでしょうね。

 

とりあえず、それぞれの方の状況によって違うと思いますので、この「借金する方法」と「借金以外の方法」を詳しく紹介しておきますね。

 

 

今すぐお金が必要な時:借金する場合

定職のある人が借金するならカードローンがおすすめ

借金する場合ですが、定職のある人ならばカードローンで借金するのがおすすめです。

 

「定職」というのは正社員というだけでなく、アルバイトやパートとして働いているという場合でも大丈夫です。

 

定職でがあるという事ともう一つだけ以下の条件があります。

  • 20歳以上

 

カードローンは17歳・18歳・19歳といった未成年の方は利用することが出来ないのです。

 

なので定職についている20歳以上の方ならカードローンを利用できるという事になります。

 

ただ、18歳・19歳でも高校を卒業している学生ならばアルバイトをしていれば、学生ローンなら利用できる可能性があるのでそれは後で解説しておきますね。

 

消費者金融のカードローンならばこれらの条件を満たせば利用できますし、申し込みしたその日のうちに現金を手に入れることが出来るのです。

 

最短だと申し込みしてから1時間程度でお金を手に入れることが出来るので、借金する方法もいろいろありますが「今すぐお金が必要」という方にとってはこのカードローンで借りるというのが1番適しているのです。

 

ですので、この条件を満たす方はなるべく早く以下の消費者金融に申し込みして、いち早く現金を手に入れるといいですよ。

 

もちろん、借金ですのでなるべく繰り返さず最低限必要な金額だけを借りるようにしましょう。

 

今すぐお金が必要な方に最適なカードローン

アコム
アコム

今すぐお金が必要な場合にまずおすすめしたいのはアコムです。
アコムは3項目の入力で借入可能かすぐに診断できる「3秒診断」というのがあるので、自分が借りれるかどうかがすぐに分かるのでいいですよ。
土日や祝日でも自動契約機でカードを受け取ることができるので、そのカードを使ってすぐに借り入れすることができます。

 

レイクALSA
レイクALSA

レイクALSAもスピーディな対応をしてくれて、申し込みから借入まで最短60分での融資が可能です。あくまで最短です。
21時までに契約手続きが完了すれば、当日中に振込可能です。日曜日は18時までに完了しておく必要があります。

 

プロミス
プロミス

プロミスは最短1時間融資も可能となっていますからね。
また、プロミスは瞬フリというすぐに振込してくれるサービスがあり、この瞬フリができる金融機関が多いのですごく便利です。
瞬フリは金融機関により多少時間が違いますが、24時間365日振込してもらうことが可能です。

 

※当サイト申し込みの多い順にランキングしています。

 

銀行は即日融資不可能

金融機関からお金を借りるのならば、消費者金融でなくても銀行カードローンとかでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、銀行カードローンの場合は今すぐお金を借りるというのが不可能なのです。

 

銀行の場合審査に時間がかかりますし、ローンカードを郵送するなどしないといけませんので、申し込みしてから利用するまでに2週間程度は見ておかないといけません。

 

中には1か月以上かかる銀行カードローンもあります。

 

ですので、今すぐお金が必要という方は銀行カードローンには申し込みしないほうが良いでしょう。

 

カードローンで借りれない人は生活福祉貸付制度がおすすめ

生活福祉資金貸付制度というのは、収入が低くて生活が厳しい方や障がい者、高齢者向けに貸付を行っている公的融資制度です。

 

都道府県や市町村の福祉協議会が窓口となっています。

 

この生活福祉資金貸付制度には次の4種類があります。

 

【総合支援資金】
失業したり所得が低いことにより日常生活を送れない方に日常生活を取り戻すための支援としての貸し付けです。
「生活支援費」や「住宅入居費」「一時生活再建費」などがあります。

【福祉資金】
障がい者や高齢者の世帯に対して顔後に必要な資金支援の貸し付けです。
「福祉費」や「緊急小口資金」があります。

【教育支援資金】
低所得者世帯の子供の進学や就学に必要な資金の貸し付けです。
「教育支援費」や「就学支度費」があります。

【不動産担保型生活資金】
今住んでいる不動産を担保にすることによる生活資金の貸し付けです。

 

これらの生活福祉資金貸付制度は生活困窮者を支援するための公的貸付制度なので、連帯保証人がいれば無利子であったり、保証人がなくてもかなり低金利で借りることが出来ます。

 

借りることが出来る条件はありますが、無利子で借りられたりするのは大きなメリットです。

 

ただ、問題は「審査期間が最短で1か月」という事です。

 

借入する条件がありますので、その条件を満たしているかなどを審査されますが、この期間が1か月は最低でかかるのです。

 

ですので、「今すぐお金が必要」という方にはちょっと向いていないと言えるでしょう。

 

※参照:厚生労働省 生活福祉資金貸付制度

 

無職の人は質屋を利用すればお金を借りることも可能

質屋というのは何かしらの品物を担保にすることによりお金を借りることが出来る貸金業者のことを言います。

 

品物と言っても何でもいいという訳ではなく商品価値があるブランド物の財布や時計等がメインになってきます。

 

品物を担保に預けているため、もし借りたお金が返済できなかったとしても預けている品物を取られるだけになります。

 

なので、自分自身の返済能力と言った審査は必要なく、定職についていない無職の人であったり、過去に金融事故を起こしてブラックリストに登録されている人でもお金を借りることが出来るのです。

 

未成年の方は学生ローンの利用も検討

20歳以上でアルバイトをしていればカードローンを利用することが出来ますが、未成年の方はカードローンは利用できません。

 

しかし、学生を対象とした学生ローンならば、高校を卒業している「4年制大学」「短大生」「専門学校生」「予備校生」「看護学校」の学生なら未成年でも利用することが出来るのです。

 

ただ、アルバイトをしているという事は必須になります。アルバイトをしていないと返済していくことが出来ませんからね。

 

あと、学生ローンは未成年でも利用できるのですが、すべての学生ローンが未成年でも利用できるのではなく一部の学生ローンに限られます。

 

ほとんどの学生ローンでは、カードローンと同じように20歳以上でないと借りることが出来ないのです。

 

この未成年でも借りれる学生ローン会社が「カレッヂ」と「フレンド田」になります。

 

両方とも高田馬場に店舗を構えていますが、全国の方が来店不要で借りれるようになっています。

 

ここで気を付けないといけないのが、「フレンド田」に関しては未成年の方が借りる場合は親が保証人になる必要があるのです。

 

なので、親に内緒で借りたいという学生の方は「カレッヂ」で借りるようにしましょう。

 

それ以外には親や友人に相談するして借りる方法も

あまり良い方法とは言えませんが、親や友人に相談してみるというのも一つの方法です。

 

何故あまりいい方法ではないかというと、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるように、たとえ親や仲のいい友人だとしてもお金の関係が始まったとたん関係が切れてしまう可能性が高いのです。

 

ちゃんと返済することが出来たとしても、その後の付き合いは微妙になる可能性もありますからね。

 

なので、出来れば親や友人というのは避けたほうが良いのですが、どうしようもない時は親や友人という選択肢も仕方ありません。

 

この親や友人に相談する際ですが、回りくどく言いうよりもきっぱり「○○の理由でお金に困っていて、申し訳ないが○○円貸してくれないか?」とはっきり言ったほうが良いでしょう。

 

回りくどくされて、何かおかしいなと思ったら最終的にお金の話というのは嫌がられますからね。

 

で、もしかしてくれるという場合は。きちんと借りたという借用書を簡単でもいいので作っておくといいでしょう。

 

お金を今すぐに借りる際の注意点

闇金は絶対に使わない

今すぐお金が必要という人に絶対に気を付けてもらいたいのが、闇金は絶対に利用してはいけないということです。

 

闇金はちゃんと登録を受けた正規の金融業者ではなく、違法な金利を取っている違法な悪徳業者です。

 

今すぐという人はとりあえず急いで現金が必要なわけなので、「すぐ借りれる」「誰でも借りれる」「審査なし」「ブラックでも借りれる」といった甘い言葉についつい誘惑されがちです。

 

確かに、闇金は割と簡単にお金を貸してくれます。少額な金額ですけどね。

 

でも、あまりに高金利なためどんどん借金が膨らんでいってしまい、いつかは返済できなくなってしまうのは間違いないでしょう。

 

ブラックの人はそもそも一般の消費者金融の審査には通らないので、無審査のところを探していきつく先が闇金ということが多いです。

 

あと、ニート等の無職の人も仕事をしていないので定期収入がなく、一般の消費者金融の審査にはまず通りません。

 

ブラックやニートの方はお金を借りるという選択肢は諦めて、何かもをのうったり日払いのアルバイトなどでお金を作るようにしましょう。

 

いくら急いでいるからと言っても、絶対に闇金は利用しないようにしてくださ。ネットが普及したおかげで、より闇金との距離も近くなってきているので注意が必要ですよ。

 

あと、個人間融資も絶対に利用しないでください。

 

個人間融資は掲示板やツイッターで、お金を貸してくれということをお願いしたり、お金を貸しますという書き込みに連絡したりということから、個人間でお金の貸し借りをするというものです。

 

ほとんどが闇金であったり詐欺ですので、こういったものは絶対に利用しないようにしましょう。

 

特に若い女性の場合は「ひととき融資」と呼ばれる個人間融資で、性的関係を見かけりにお金の貸し借りをするということも増えてきています。

 

なので、怪しいものには絶対に手を出さないようにして下さいね。※参照:金融庁 SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!

 

クレジットカードの現金化は利用しない!

今すぐお金が必要な方がいろいろサイトを見ていると、「クレジットカードの現金化」をおすすめしているサイトもあります。

 

でも、闇金と同じでクレジットカードの現金化も絶対に利用しないほうが良いです。

 

クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠で業者に言われたものなどを購入して、その購入したものを現金で買い取ってもらうというものです。

 

これって現金化のやり方によっては法律違反になりますし、クレジットカード会社では明確に規約違反なとなっています。

 

法律違反と言いましたが、クレジットカード現金化にはいくつかの方法があって「商品買取方式」と「自分でする現金化」に関しては違法となります。

 

「キャッシュバック方式」に関しては法律違反とは言えないのですが、そもそもクレジットカード現金化自体を利用しないほうが良いです。

 

先ほどクレジットカード会社の規約違反といいましたが、クレジットカード会社では明確に現金化は違反となっているので、バレた場合はクレジットカードの利用が停止されます。

 

そもそも怪しい業者もかなりいる業界ですからね。利用したけど換金率があまりにもひどかったとかもよくある話です。

 

ですので、クレジットカードの現金化も利用しないようにして下さいね。

 

自身の返済能力を把握する必要がある

お金を借りるなら自分の返済能力も把握しておかなければいけません。

 

返済によって日々の生活に支障が出てにしまうと困りますので、自分の日々の生活に支障が出ない返済額がいくらぐらいなのか?というのを考えておかないといけません。

 

もちろん返済できる範囲ならマックス借りても良いという訳ではなく、借りるのなら必要最小限度だけ借りないといけないですけどね。

 

必要最小限度の借入する金額に対して、返済する金額によって生活に支障が出ないかという事を確認しておきましょう。

 

返済を延滞してしまうと住宅ローンやマイカーローンにも影響する

お金を借りてちゃんと返済していっていれば、今後住宅ローンやマイカーローンを組むことになっても問題はありません。

 

ただ、返済を延滞してしまうと今後住宅ローンやマイカーローンに影響してしまう可能性が高くなります。

 

何故かというと、カードローンでお金を借りたという事や延滞したという事は、「個人信用情報機関」に登録されまとめられています。

 

金融機関はこの信用情報をもとに審査を行うのです。

 

ですので、カードローンでの借金を延滞しているという事は分かりますので、住宅ローンやマイカーローンの審査に落ちてしまう可能性が高くなるのです。

 

ですので、必ず返済計画を立てて毎月きちんと返済していくようにしましょう。

 

債務整理中の人はお金を借りることは可能か?

債務整理中だとお金を借りれないというイメージがあるかもしれませんが、債務整理中であっても中小の消費者金融ならば借りれる可能性もあります。大手はまず無理ですけどね。

 

ただ、中小の消費者金融も借りれる可能性はあるというだけで、必ず借りれるというものではありません。

 

あと、債務整理中に借金するのはリスクがありますので注意が必要です。

 

債務整理と一言で言っても「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があります。

 

【任意整理】
任意整理というのは借金の元本部分だけを返済していく方法で、任意整理後は利息を支払う必要がなくなり返済可能な金額に修正してもらえるのです。

 

この任意整理は依頼する弁護士が金融機関と交渉をしていますので、勝手に借金を増やすことが出来ません。

 

せっかく交渉しているのに意味がなくなってしまいますからね。

【個人再生】
個人再生は一部分の財産は維持したまま、借金を減額することが出来る債務整理の方法です。

 

この個人再生中に借金をしてしまうと、もしかすると裁判所で棄却されてしまう可能性もあります。

 

また、新たに借金したものは個人再生の対象から外されます。

 

バレなければ問題ないとも言えますが、リスクもありますので個人再生中も借金はしないほうが良いでしょう。

【自己破産】
自己破産は借金も財産もすべてを0にしてしまう方法です。

 

この自己破産中に新たな借金をしてしまうと、免責不許可事由に該当して自己破産が認められなくなってしまいます。

 

せっかく自己破産によって0から新たな人生をスタートできる予定なのに、自己破産が認められなくなってしまうとなるとリスクしかありません。

 

このように中小消費者金融から借金をすることが出来る可能性はあるのですが、債務整理中の場合リスクの方が大きいのでやめておいたほうが良いでしょう。

 

Q&A

審査なしでお金を借りることは可能?

審査に自信のない方は審査なしでお金を借りたいと思うかもしれませんが、審査なしで借りれるとなると以下の2つしかありません。

  • 闇金から借りる
  • 親や友人・知人から借りる

まず闇金ですが、絶対に借りてはいけない業者です。

 

考えられないぐらいの法外な金利を支払わされますし、個人情報を流される心配もあります。

 

金融機関ではないので信用情報を紹介するなどの審査が出来ませんので、審査はありませんが絶対に手を出してはいけません。

 

あと、親や友人・知人から借りるというのも審査はありません。今までの自分の性格みたいなのを審査されるかもしれませんが。

 

でもお金を借りるという話をすることにより、今まで気づき上げてきた人間関係が一気に崩れてしまう可能性もあるので慎重になったほうが良いでしょう。

自身の借金で生活費を圧迫している場合どうすればいい?

自分自身が借金してきて、その返済により生活費を圧迫しているという場合は「債務整理」を検討したほうが良いでしょう。

 

債務整理というのは、その名の通り自分の借金を整理するという事です。

 

自分自身で債務整理するのは結構厳しいものがありますので、やはり専門家である司法書士や弁護士にお願いしたほうが良いです。

 

司法書士や弁護士ならばその人にあった方法で債務整理してくれます。

 

債務整理して通常どうり生活を送れるようにするといいですよ。

 

今すぐお金が必要な時:借金以外の方法

今すぐお金が必要な時に借金以外の方法もあります。

 

ただ、「今すぐ」という緊急性の状態から考えると借金する方が適しているのは間違いないでしょう。

 

でも借金できないという方や、どうしても借金以外の方法でという方の為に借金以外の方法を紹介しておきます。

 

まず「借金以外の方法」で今すぐという事を考えると、一番適しているのは「物を売る」という事になります。

 

物を売る

まず物を売る事によってお金を作る方法ですが、不用品などを買取してくれるリサイクルセンター等に売ってお金を作るというようになります。

 

不用品を売るにしても、「メルカリ」や「宅配買取」などもあるのですが、これはどちらも現金を手に入れるまでに時間がかかります。

 

メルカリだと売上金額の振り込み機関から振込日までに1週間程度はありますので、今日すぐに出品して売れたとしても、現金が口座に振り込まれるまでに1週間以上はかかります。

 

宅配買取にしても同じです。段ボールなど送れるものがない場合は、段ボールなどを業者に送ってもらって、それで商品を入れて送り返します。

 

その後に査定が2〜3日はかかることが一般的なので、トータルでやはり1週間程度は振込までに時間がかかると思っておいたほうが良いでしょう。

 

ですので、物を売ることによって今すぐお金を作る場合は、リサイクルショップやなんぼややザ・ゴールドのような店舗のある買い取り専門店に自ら持ち込む必要があります。

 

自ら持ち込むことによって今日中にお金を手に入れることはできるでしょう。物にもよりますが査定してもらって実際に現金を渡してもらうまでに1時間はかかるかなという感じです。

 

不用品と言ってもなるべくブランド品を売るようにしないと、そんなにお金にはならないです。漫画などの本をブックオフなどに売っても数千円がいいところでしょうしね。

 

ブランドの中でも誰もが知っていて欲しがっている「ヴィトン」のようなブランドのほうが高く売れる傾向にあります。 ブランド物の腕時計でもロレックスがメーカーとしては一番買取価格が高いでしょう。

 

ですので、ブランド品などで売ってもいいものがあるという場合は、ブランド品を売りに買取店舗に急ぎましょう!

 

定職のある人がお金を作る方法

クレジットカードの申込みでお金を作る

クレジットカードに申し込みすると、特典ポイントなどをもらうことが出来ますが、この特典ポイント意外に「A8net」といったようなアフィリエイトのASPを経由することでお金を作ることが出来ます。

 

アフィリエイトは他の誰かが申し込みすることによって報酬を得られるだけでなく、自分自身が申し込みすることにより報酬を得ることもできるのです。

 

A8netだとセルフバックと言って自分自身で申し込みできるものを集めているページなどが用意されています。

 

クレジットカードの発行で平均して3,000円程度のお金を作ることが出来ます。

 

もっと高額な報酬を得られるクレジットカードもあるのですが、その分年会費の高いクレジットカードだったりするので気を付けないといけません。

 

なるべく年会費無料のクレジットカードを作ることにより安全にお金を作ることが出来るでしょう。

 

このセルフバックでクレジットカード発行してお金を作る方法ですが、一般的には報酬を得られるまでに2か月程度かかるのですが、A8.netは「即時支払い」というのが用意されているので割と早く報酬を得ることが出来ます。

 

即時支払いというのは、クレジットカードが発行されたという成果が確定されたらすぐに振込してもらうということが出来るのです。

 

成果が確定されるまでに数日はかかるのですが、確定されたら最短だと当日もしくは翌営業日に振込してもらえるのです。

 

なので、割と早く報酬を得ることが出来ます。

 

FX口座作成でお金を作る

FXの口座作成でお金を作る方法ですが、FX業者の中には口座を開設して取引をすることにより数万円〜10万円程度のキャッシュバックを得ることが出来るところがあるのです。

 

「外為どっとコム」や「GMOクリック証券」などでこのキャッシュバックを行っています。

 

ただ一定量の取引をしないとキャッシュバックは受けられませんので、その取引によって損をしてしまう可能性はあります。

 

FXはレバレッジを大きくすることにより大きく稼ぐこともできるのですが、その逆で大きく損をしてしまうこともあります。

 

今すぐお金が必要という方がFXで口座に数万円入れることは難しいと思いますけどね。

 

また、実際にキャッシュバックを受けられるまでには3か月程度の期間が必要となります。

 

自動車レンタルでお金を稼ぐ

最近はなんでもシェアする時代になってきていますが、自分の車も貸し出してシェアすることが出来ます。

 

自分の車をシェアリング業者に預けて、レンタル料をもらってお金を作ることが出来るのです。

 

週末しか使わないという方は平日だけ貸し出せばいいですし、自分の都合に合わせて貸し出すことが出来ます。

 

「カフォレ」「エニカ」といったようなレンタル業者があります。

 

人気の車種ならば結構稼げることが出来て、自分自身でレンタル料を設定することが出来ます。

 

カフォレの場合月2回支払日があり以下のようなサイクルになっています。

  • 毎月26日〜10日の間に取引通知がされた落札代金分:翌月15日
  • 毎月11日〜25日の間に取引通知がされた落札代金分: 翌月30日

となっていますので、実際にお金を手に入れるまでに1か月ちょいはかかるという事になります。

 

スキルやノウハウを販売してお金を作る

自分が持っている知識やノウハウを販売することが出来ます。

 

ココナラというスキルマーケットで占いやイラスト・似顔絵・漫画、翻訳・語学、美容・ファッション・健康、恋愛結婚、動画・写真・画像、デザイン、ライティング・ネーミング等自分の知識やスキルをいろいろと販売することが出来ます。

 

美容のスキルって?と思うかもしれませんが、例えばダイエットに成功した方でそのダイエット方法を販売するというのもできるのです。

 

占いができる人ならば占ってあげることもできますからね。タロット占いで7,000円とかで販売されていたりします。

 

お金を受け取ることが出来るのは受け取り可能な残高が160円を超えた時点で、次のようなサイクルになっています。

  • 1日〜15日までに振り込み申請:同月の20日
  • 16日〜月末までに振り込み申請:翌月の5日

割と早く受け取ることが出来ますが、やはり販売して商品を提供してから代金が受け取れるようになるので、早くとも1か月ぐらいは見ておいたほうが良いでしょう。

 

フリーターがお金を作る方法

メルカリやオークションなどで物を売る

「物を売る」というのは今すぐお金を手に入れる方法として、借りる以外としては最適という事は言いましたがメルカリやオークションはなるべく高く売れる方法です。

 

メルカリやオークションはある意味何でも売れますので、買取店舗などで買い取ってくれないものを売ることもできます。

 

昔の漫画やフィギュアなどが思いのほか高い値段で売れたりします。

 

メルカリのようなフリマアプリには「メルカリ」や「フリル」「ラクマ」などがありますが、やはりメルカリが利用者が多くて売れやすいでしょう。

 

メルカリは入金スピードも速く、月曜日に振り込み申請が完了すれば火曜日には振り込まれますよ。

 

失業したばかりならば失業給付金・求職者支援制度を活用

失業したばかりならば失業給付金が受けられる可能性がありますので、自分が失業給付金が受けられるかという事を確認するようにして下さい。

 

ハローワークで確認するといいでしょう。

 

受給できるのならば失業給付金を受けることにより、一時的にお金がない状態をしのぐことが出来ます。

 

失業給付金の振り込みは認定日からおよそ1週間以内に指定の銀行口座に振り込んでもらうことが出来ますよ。

 

学生がお金を作る方法

治験で投薬を受けてお金を得る

治験というのは新薬の臨床試験に参加するお仕事になります。

 

この治験は自分の体で試すわけなので、報酬額がかなり高額になり1週間程度で15万円前後の金額をもらえるという事もあります。

 

学生だと時間的には余裕がありますので、こういった治験のアルバイトをするというのも一つの方法です。

 

短期間で大きく稼ぐことが出来るというメリットがあります。

 

この治験のお仕事は「JCVN」「VOB」といったサイトで募集しています。

 

日払いのバイトで稼ぐ

「今すぐ」という訳にはいきませんが、日払いのアルバイトだとある程度早くお金を作ることが出来ます。

 

アルバイトが終わったときに現金でお金をもらうことが出来るので、当日中にはお金が手に入るので急いでいる場合も間に合う可能性がありますからね。

 

こちらも学生だと時間に余裕がありますので、思い立ったその日に行動することが出来るでしょう。

 

ただ、あくまで1日働いた対価ですので1万円ぐらいが平均していて、報酬の高い日払いでも2万円ぐらいがマックスだと思っておいたほうが良いです。

 

「バイトル」や「マイナビバイト」などで日雇いのアルバイトを見つけることが出来ますよ。