ゆうちょ銀行では即日融資は不可能

郵便局は昔から地域にあるものですので、そのゆうちょ銀行も身近な存在で、安心感は抜群ですよね。

 

「消費者金融」と聞くとちょっとあまりよくないイメージのある方でも、ゆうちょ銀行ならば良いイメージしかなかったりします。

 

今すぐお金が必要という人の中には、今すぐお金が必要でお金を借りるのならば安心できる「ゆうちょ銀行」でお金を借りたいと思っている人は多いです。

 

消費者金融で借りるのはちょっと気が引けるけど、ゆうちょ銀行なら安心して借りれるという方たちですね。

 

では、このゆうちょ銀行で今すぐお金が必要な方たちが即日融資を受けることが出来るのでしょうか?

 

先にズバリ結論を言わせてもらうと、ゆうちょ銀行で即日融資を受けることは出来ません。

 

バツ

 

即日融資を受けることが出来ないだけでなく、ゆうちょ銀行では融資自体を受けることが難しいです。

 

ですので、今すぐお金が必要な方は当サイトで紹介している大手の消費者金融を利用するようにしましょう。

 

 

スルガ銀行の「したく」はもう扱っていない

ゆうちょ銀行自体には個人向けのカードローン商品というのは無くて、以前はスルガ銀行の媒介商品としてカードローン「したく」を申し込みすることが出来ていました。

 

ちなみに、スルガ銀行の「したく」がどういう商品内容だったかというと、金利が年7.0%〜14.9%で、最高融資額が500万円(初回300万円)という商品内容です。

 

銀行ならではの最高金利が低く設定されていて、融資額も高額なので個人が利用するカードローンとしてはレベルが高い商品となっています。

 

ただ、ゆうちょ銀行とスルガ銀行は提携を解消しており、媒介商品としてゆうちょ銀行が取り扱っていたカードローン「したく」も新規の申し込み受付を終了しています。

 

2018年10月31日の受付分をもって終了しているのです。

 

スルガ銀行自体もカードローン「したく」の新規受付は、同じく2018年10月31日をもって終了されています。

 

なので、今現在で言うとゆうちょ銀行に個人向けカードローンという商品は無く、今すぐお金が必要な方がゆうちょ銀行で即日融資を受けるのは不可能となっているのです。

 

ですので、今すぐお金が必要な方は、ゆうちょ銀行ではなくプロミスやアコムといった消費者金融で即日融資を受けるしかありません。

 

ゆうちょ銀行のローンはどういったものがあるのか?

そもそも今のゆうちょ銀行にどういったローン商品があるのか?という事ですが以下の4種類があります。

  1. 貯金担保自動貸付
  2. 住宅ローン
  3. 財産形成貯金担保貸付(新規受付終了)
  4. 国債等担保自動貸付(新規受付終了)

となっています、この中の「財産形成貯金担保貸付」と「国債担保自動貸付」に関しては新規受付を終了していますので、実質「貯金担保自動貸付」と「住宅ローン」の2種類という事になりますね。

 

貯金担保自動貸付

まず貯金担保自動貸付ですが、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とする貸付になります。

 

ですので、これらの定額貯金や定期貯金がない方は利用できません。

 

この貸付は通常貯金の残高を超える払い戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸し付けられる制度になります。

 

貸付金額の上限として、預入金額の90%以内となっていて、1冊の総合口座通帳につき300万円までとなっています。

 

貸付期間は、貸付日から2年です。

 

こういったことから、急にゆうちょ銀行で即日融資を受けたいと言っても、この貯金担保自動貸付は、担保定額貯金や担保定期貯金がないといけませんし、残高を超える払い戻しの請求があったときの自動貸付となるので、即日融資は無理ですし利用できる方も限定されます。

 

住宅ローン

住宅ローンは住宅を購入するときに利用するものです。

 

今すぐお金が必要という人が利用するものではありませんが、どういったものかというのを簡単に説明しておきます。

 

ゆうちょ銀行の住宅ローンは、ソニー銀行の住宅ローンを代理して販売しているので、結局のところゆうちょ銀行ではなくソニー銀行の商品なのです。

 

このゆうちょ銀行が代理して販売している住宅ローンの相談などは、ゆうちょ銀行住宅ローン取り扱い店のローンサービス部で受けているので、どこのゆうちょ銀行でも相談できるというものではありません。

 

ソニー銀行の住宅ローンは金利もかなり低金利に抑えられていてよう商品ですよ。

 

このようになっていてゆうちょ銀行のローンはだれでも利用できるわけではないですし、すぐに利用できるという訳ではありません。

 

今すぐお金が必要な方は大手の消費者金融で即日融資を受けるといいでしょう。